厄除けは北相模総守護社亀ヶ池八幡宮へ

ホームへ

ご祈祷について

人は自然によりどころを求め、祈る心をもつものです。そして神様の大前で手を合わせお願いごとをするのです。亀ヶ池八幡宮では氏子崇敬者のご依頼により以下のような祭儀を申し受けております。

厄除の御祈祷

御電話にてご予約お願いいたします。
毎日承っておりますが祈願時間については日にちにより異なりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。日にちによっては、ご予約が不要の日もございます。

感染症拡大防止のため、ご祈祷待合室内にお入りいただく方、また御社殿にてご祈祷(昇殿参拝)される方の人数制限を行う場合がございます。ご了承下さい。できるだけお付き添いの無いよう、ご本人様のみでのご参拝にご協力お願いいたします。

発熱・咳・倦怠感等のある方は、参拝をお控え下さい。

参拝される皆様にはマスクの着用と、入り口に設置の消毒剤で手指消毒をお願いしております。ご協力よろしくお願いいたします。

尚、お祓いを受けたいのにどの祈願にしたら良いのか判らない場合はこちらをご参照下さい。祈る心の参考に

新年の御祈祷

1月中の団体でのご祈祷について

ご祈祷の種類に関わらず、会社・法人などの団体での新年のご祈祷は新年祈願WEB申込より予約をお願いいたします。

分散参拝にご協力ください
安産加護の御案内 初宮参りのご案内 七五三参りのご案内 厄除厄祓いのご案内 地鎮祭の御案内 新宅祭について 結婚式特設ページ

神前祈願

神様へ皆様の願い事をお取りつぎ致します。

安産祈願

安産祈願については戌の日表のページをご覧下さい。

マタニティーフォト承ります。

安産加護

このページの上部へ一番上へ

家内安全

ご家庭が何事もなく無事に安全に、そしてまた明るい家庭になるようお願いをします。いつも見守って下さる神様に感謝申し上げ、そしてこれからもご家族皆様が互いに仲良く、また、家全体からご家族皆様を神様にお守りいただき、貴家様が末永くご繁栄するようお祓いを受けるご祈願です。

このページの上部へ一番上へ

厄除

厄年とは、人生のうちで心身や周りの環境に何らかの変調をきたしやすい年齢のことをいい、医学の発達した現代においても、万事に慎んで生活しなければならない年齢として意識されています。 人生の区切りである厄年に、心身のさまざまな厄災を除き、明るく清らかな心と健康な体で過ごせるようお祓いを受けるのが、厄除けのご祈願です。

厄年表のページをご覧下さい。

厄除

このページの上部へ一番上へ

交通安全・車祓い

道々での通行の安全を願う祈願です。自動車は現代社会において欠かせない交通手段です。御神前にて八幡大神様に道中の安全・安全運転の守護を願い、ゴールド神社前にて車祓いを行うことによって事故無く運転ができ、無事に目的地に着けることでしょう。新車・中古車購入時、また旅行や帰省前、節目節目に行き交う道での安全を祈願しお祓いを受け、安全運転を心がけましょう。

また園児・児童の通園通学、または通勤の際の交通安全も承っております。

詳しくはこちらゴールド神社について

このページの上部へ一番上へ

商売繁盛・社運隆昌・社員安泰・事業安全・安全祈願

会社・自営業問わず、商売が繁盛し、発展拡大するようお願いをします。職場の安全と、従業員皆様の無事安泰を祈願し、益々繁盛するようご祈願いたします。 代表者様、もしくは従業員皆様お揃いでのご参拝、お祓いを受けることができます。尚、ご本殿は200名様まで昇殿参拝が可能でございます。

ご希望の会社・団体の方は以下の申込用紙をダウンロードの上、必要事項を記入しFAXにてお申し込み下さい。その後、お手数ですがFAX送信と希望時間についてのご確認の電話をお願い致します。なお一月中に参拝される場合は下記バナーのリンク先よりお申し込みください。

分散参拝にご協力ください

尚、1ページ目は記入例になっています。

このページの上部へ一番上へ

方位除

引っ越しをこれからされる方が、方位が良くない場合に受けるお祓いが方位除です。旅行など一時的な遠出でも同じであり、そちらへの方角が良くないとされている場合は、方位除によって心身を清めてから、行動に移りましょう。

このページの上部へ一番上へ

八方除

御祭神、神功皇后は三韓征伐の折に船が思う方角に進まず、天地の神様に祈りを捧げるお祭をすると、方角が狂うことなく順調に事を成した神話により、方位除けの神様として信仰されております。方位による禍事のないようにするお祓いが八方除です。暗剣殺・五黄殺・八方塞がりなどに当たる方、また地相家相に気になる点がある方もこのお祓いを受けて、悪い気の流れのないようにお祈りをしましょう。

このページの上部へ一番上へ

学業成就

勉学に励まれている方が、その努力が実りその道が成就しますようにとお願いをします。御祭神である応神天皇は在位中に中国の使者から論語(中国古典)や千字文(漢文の教科書)といった学問を広めた事により、学問の神様としても崇敬されておりますのでご自身の努力を神様に見守っていただき、お祓いによって心身を清めこれから先も勉学に集中できるよう、そして良い成績を修め、学業の道を極められるようご祈願いたします。

このページの上部へ一番上へ

身上安全

身の回りに悪いことが起きないように、日々安全に過ごせるようにとご祈願をします。悪い気の流れのこないようにし、身辺に気をつかわず気楽にお過ごしになれますよう神様へ祈りを捧げます。

このページの上部へ一番上へ

無病息災

災いごとや病気などの良くないことを祓い清めるお願いをします。体の無事のみならず、精神、体の内からくる病気などのないように、そして健康で穏やかな生活が送れるようお祓いを受けるご祈願です。

このページの上部へ一番上へ

水子慰霊

亀ヶ池八幡宮では境内末社に淡島神社をお祭りしております。

淡島神社のご祭神は医薬の神、少彦名神とされ婦人病などに効験がございます。『古事記』『日本書紀』によると淡島とは水蛭子と同様に、生まれてまもなく流されてしまった神様とされます。故、この神話に基づき理由在って生まれる事の適わなかった子供(水子)の御魂を慰めるために、水子慰霊並びにご本人様のこれからのお体の安全・健康の祈願を執り行っております。

このページの上部へ一番上へ

お祓いを受けたいのにどの祈願にしたら良いのか判らない場合はこちらをご参照下さい。祈る心の参考に