本日は、神社にお参りする際にまずすべき作法である「お手水」についてお話したいと思います。

pict-P1040519.jpg

何処の神社においても手水をおこなう手水舎が設備されております。

中には水を湛えた水鉢が据え付けられ、柄杓が置かれています。神様にお参りをする前に手と口を漱ぐことで、心身の穢れを清めます。
作法は、右手で柄杓を取り、左手右手を洗った後、左手に少量の水を受けて口を漱ぎます。そして、
再び左手を清めたあと、柄杓を立てて柄を洗い清め、元の場所へと静かに柄杓を戻します。

 

pict-手水の作法-01.jpgpict-手水の作法-02.jpg

自身を清められ清々しいお気持ちで参拝に臨んでください。

No tags for this post.