本日も昨日に続き清々しい好天となりました。心なしか涼風が吹き、心地よく感じられました。
今年の梅雨入りは早まるそうで、本日は貴重な晴れ間となりそうです。

さて、六月に入り、御神門には水無月の看板を掲げました。

1-P1360857.JPG

こちらは「拾遺集」よみ人知らずの歌で、六月の夏越の祓えをする人は千歳もの命を得るということだ、という意味を詠っております。

夏越大祓(なごしのおおはらえ)とは、一年の上半期の半年のうちに、知らず知らずのうちに犯してしまった心の罪や身についてしまった穢れ、そして災いを茅の輪(茅の葉で作った輪)をくぐることによって祓い清め、真っ新な心身となって、心機一転の気持ちで残りの半年間を過ごしましょう、という神事であります。

亀ヶ池八幡宮での今年の夏越大祓式は、7月1日(日)午後三時より執り行ないます。
また、同日午前十時からは 「稚児行列」も行います。
古式ゆかしい装束をまとい練り歩く稚児行列は「参加すると一生幸せになる」といわれ、大変人気の高い行事となっています。
現在亀ヶ池八幡宮では、この稚児行列にご参加くださるお子様の募集を行っております。
どうぞご親戚・ご近所の方もお誘い合わせの上ご参加下さい。
No tags for this post.