本日3月11日、東日本大震災より7年が経ちました。

亀ヶ池八幡宮では、暫しの黙祷を捧げ、宮司以下祭員による東日本大震災復興祈願祭を斎行いたしました。

神事におきましては、大神様のお力によって被災地の復興と、東日本の再生が一日でも早く進みますようにと祈念致しました。

新聞記事に目を向けますと、やはり大きく取り扱っております。行方不明者もいまだ見つかっていない状態です。被災地の方にとりましてこの傷が癒えるのは先になるのかもしれません。さまざまな悩みを抱える被災地が一刻も早く再生し復興するようご祈念申し上げます。

No tags for this post.