本日は一日晴れのお天気でしたが、吹く風や空気が肌寒く感じられました。
お参りに来られる方々も長袖の方が多く見られ、ふと季節の移り変わりを感じます。

さて、本日は御朱印についてのお話です。

P1290053.JPG

御朱印というのは、神社や寺院にて押印される印章の事です。

参拝記念のスタンプやスタンプラリーのそれとは主旨が異なり、神主が墨書した神社名・祭神名などの上に朱の印が押されてあり、一般的には蛇腹折りになった御朱印帳に記帳致します。

亀ヶ池八幡宮でもご年配の方が受けられる事が多かったのですが、ここ近年では若い方々の間でもブームとなっているようで、多くの方が御朱印を受けられるようになりました。

御朱印の押印はもちろん御朱印帳は当八幡宮にても頒布しておりますので、ご希望の方は受付までどうぞお求めくださいませ。

御朱印帳は御祭神の名前や神社の印の記されたものですので、粗末になるような扱いはなさらないで頂きたく存じます。
保管の際には、神棚本棚などに粗末にならないよう、大切に保管なさって下さい。

No tags for this post.